看護師とは何も両立できない

看護師とは何も両立できない

20歳で病院に就職してそれから23年間看護師の仕事をしながら夜勤をしてきました。
この度椎間板ヘルニアで腰痛がひどくなり退職しましたが、その事で夜勤なしの生活になりました。
実際に夜勤なしの生活になると、いままで長い間身体に染み付いてきたリズムが変わってきました。いままでは夜勤明けなら家でゴロゴロしていましたが今、では夜はきちんと寝て昼間は活動して、規則正しい生活を送っています。

夜勤がある頃は休みの日が合わず友達と遊びに行くことがなかなかできませんでした。休日が会うのが必然的に同じ職種の看護師になり交流の範囲が狭くなってしまい「またあなたと・・・」と文句言われてました。普通の会社員や主婦の人に言わせると「あなた誘っても仕事で行けないでしょう?だから声を掛けなかった」と言われてとても悲しかったです。退職して夜勤なしになったので今は久しぶりに友達付き合いを楽しんでいます。

私は結婚しておらず子どももいませんが結婚している人に聞くと、夜勤の時は家事を済ませて家族の食事を準備してから出勤しているそうです。結婚して家庭と仕事の両立は夜勤のある看護師という職業では大変だと思います
夜勤をやめてから精神的に余裕が出てきて何事にも寛容になった様です。

先日携帯を機種変更しようとショップに行くのに、頼んでもないのに一緒についてきて自分も機種変更すると言い出した。いままでの携帯さえメールも満足に打てないくせに私と同じくスマホにすると言うんです。

多分スマホが何かもわかっていない人なので、スマホなんかにしたら契約料ばかり高くて機能なんか使えず宝の持ち腐れだと思い、やめた方が良いのではとアドバイスしたけど「嫌、これが良い」と譲りません。結局購入したけど何故使わないの?と言う私に「なんか触ったらおかしな事になりそうで触りたくない」と、のたまわった。いつもならこんな言葉を聞くとカチンとしてキレるところですが、今回は優しく教えています。

こんな風に私の都合お構い無し、あなたの為に言っているアドバイスも無視で本当に腹の立つ人間ですが、最近はあまりイライラしなくなりました。いつもならガミガミ文句を言うはずの私が落ちついた対応をするのを見て、彼は「性格が丸くなった様だ」と言っていました。やはり夜勤なしでゆったりとした気持ちになれるからだと思います。

思い切って仕事をやめましたが、その事で結果的に夜勤がなくなりました。経済的には苦しいですがゆったりと気持ちの落ちついた生活ができて、回りにも良い影響を与えていると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です