大学病院の看護師も大変だった

大学病院の看護師も大変だった

結婚前まで働いていた大学病院では5年目までは三交代勤務、それ以降退職するまでは二交代勤務と途中で勤務体系が変化しました。大学病院に限ったことではないと思いますが、日勤も夜勤も毎日とても忙しく、定時に帰れないことが多々ありました。日勤の疲れがとれないまま夜勤に入ってしまうこともありますし、看護師経験が少ない頃は夜勤に入ることが嫌で嫌で仕方ありませんでした。

私が働いていた病院では夜勤の時は看護師1人に対し20人以上の患者さんを担当していました。1年目から3年目くらいまでは経験不足もあり、一度に20人程度の患者さんの疾患や情報を頭に入れるのが精一杯で患者さんを間違えないか、今日も失敗なく1日を終えることができるか不安でいっぱいでした。5年目以降は夜勤リーダーにつくことも多くなり、夜勤で起こる全てのことに自分が責任を持たなければいけなくなってきます。慌ててパニックになっている後輩看護師のフォローをしながら自分の仕事をすることは大きなストレスになりました。

そして何よりも夜勤を行っていると生活パターンが乱れます。深夜に仕事にいったり、逆に深夜に仕事から帰ってきたりしていたため、何度夜勤なしの仕事に憧れを抱いたかわかりません。また日中に仮眠をとっていても、近所の子供の声が聞こえて起きてしまってそれ以降眠れなくなったり、宅急便やセールスで起こされてしまったり。昼間に十分な睡眠がとれずに疲れた体で夜勤をすることも多かったです。

20代後半になってからは夜勤後の疲労もなかなかとれなくなり、日中も突然眠くなってしまい、自分は何か病気なんではないかと何度も疑ってしまいました。反対に次の日が日勤や早番なのに全然眠れないという日もあり、泣く泣く睡眠導入剤を内服したこともあります。

結婚を機に大学病院を退職し、夜勤なし日勤だけのクリニックに移りましたが、本当に生活リズムが整ったと実感しています。目覚ましがなくても大体決まった時間に起きられるようになりましたし、決まった時間に眠くなるようになりました。何より体の疲労度が違います。

現在はそのクリニックも退職し子育て中ですが、今後看護師に復帰するにあたっても夜勤なしは絶対条件です。知人に子育てをしながら夜勤を行っている看護師もいますが、子供が小さいときは特に子供の心が不安定であったと聞いています。

一概に夜勤だけが原因とは言えませんが子供がふと夜中に起きた時に母親がいないのは寂しいものだと思います。我が家の娘は私が夜隣に寝ていないと気付いただけで大泣きしてしまいますので。このようなことからも今後看護師に復帰するときは必ず夜勤なしの職場を選んでいきたいと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です